物理療法について

最新物理療法 ES5000(立体動態波)とは

・当院では世界で活躍する一流プロスポーツ選手も使用している最新の物理療法ES5000を導入しております。
立体動態波療法では、一般的にもっと多く行われている低周波治療器ではなく中周波を利用することにより、低周波治療器よりさらに深部に刺激を送ることができ、また、6局吸引導子を利用することで、その中周波を筋肉深部で干渉させることにより、筋肉の奥にある患部にも刺激を与え、今まで感じたことのない、筋肉全体を揉みこむような刺激を与えることができます。
そして、中周波の特性を生かし 3D EMSでは、筋肉深部から全体的に刺激を与えターゲットとなる筋肉に対しての、トレーニング効果をより一層期待できます。

立体的な電流のうねりが生体深部を広範囲に刺激

立体的に複雑な電流のうねりを発生させ、広範囲に深部を刺激する「立体動態波モード」、マイクロカレント治療が立体的に行える「3D MENSモード」に加えて、筋肉に立体的な刺激を与える「3D EMSモード」を新たに搭載。
「Hi-Voltageモード」、「EMSモード」、「MCRモード」を合わせた6種類の電気刺激モードにより、
患者様一人ひとりの症状に合わせた多彩な治療を可能にします。

3Dと2Dの治療モードを同時に使用可能

3Dの「立体動態波モード」「3D MENSモード」「3D EMSモード」2Dの「Hi-Voltageモード」「EMSモード」「MCRモード」を2つのチャンネルで同時に使用することができます。それぞれ独立して使用することで、異なる部位へ症状に合わせた治療が行えます。
3次元の立体的な電気刺激で、生体深部への治療が可能。

立体的な電流のうねりが深部を刺激
立体動態波モード 3D干渉電流刺激療法

3対の異なる高い周波数の電流が生体内部で干渉し、立体的で複雑な電流のうねりを発生させます。6点の電極から流れる電流が3次元的に干渉することで、生体深部の筋や神経にも刺激を与えることができます。また、搬送周波数をスウィープさせることで表層部から深層部まで広範囲に治療が行えます。

立体的な微弱電流で深部組織を刺激
3D MENSモード・ 3Dマイクロカレント療法

微弱な電流を流すことで傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進するマイクロカレント療法を立体的に行います。立体動態波モードの1/ 1000という極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がなく、神経や筋を興奮させません。MCRモードよりも深い部位への治療が可能です。

最新物理療法 ES5000(ハイボルテージ治療)とは

・当院では世界で活躍する一流プロスポーツ選手も使用している最新の物理療法
ES5000を導入しております。
ハイボルテージ治療では、高電圧電流での電流刺激を行いますので、皮膚に抵抗を与えることなく痛みのある患部へ直接アプローチすることが可能です。
(電気特有のピリピリ・チリチリしにくい治療法)
 これまでの電気療法よりも深部へと直接刺激を行うことができるので、即座に鎮痛効果を感じることができ、痛みの軽減につながります。
特に急性期の痛みや、長年悩まされている痛みに対して効果を発揮します。
一度の施術でも鎮痛効果を発揮しますが、長期的な頑固なものには、複数回の継続治療でより効果を実感していただけます。

さらに効果を追求した波形と充実した機能を搭載。

高電圧で深部組織を刺激Hi-Voltageモード 高電圧電気刺激療法

単相性のツインピークパルス波形を用いることで、150V以上の高電圧での治療を可能とした療法です。極めて短い時間に連続した出力を行うことで、皮膚抵抗が低く抑えられ、電気刺激を深部組織まで到達させることができます。疼痛の緩解や可動域の改善などにお使いいただけます。

筋収縮を引き起こし、筋力を強化EMSモード 神経筋電気刺激療法

筋収縮を目的とした電気刺激療法です。自分の意志とは関係なく不随意的な筋収縮を引き起こし、筋力を強化します。筋力低下の予防や筋萎縮の改善、筋力トレーニングなど医療からスポーツの分野まで幅広くご活用いただけます。

微弱電流で損傷の治療を促進MCRモード マイクロカレント療法

組織修復に重要な役割を果たしている損傷電流と同レベルの微弱な電流を流すことで、傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進します。一般的に、最大電流が1mAを超えない極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がありません。神経や筋を興奮させないため、トレーニング後の筋のクールダウンやコンディショニングに最適です。

はり治療とは

・鍼灸治療は、東洋医学の枠とも言われており
世界中からも、副作用のない治療法として注目されている治療。
このやさしい治療法は、身体に負担をかけることなく、様々な効果を得ることができます。
鍼で身体を刺激すると、中枢神経内にモルヒネの様な役割を持ったホルモンが放出されます。
この物質(内因性オピオイド)が痛みを抑え、また痛みを脳に伝える神経経路をブロックします(ゲートコントロール理論)。
そして、脳と脊髄からの痛み抑制をダブルブロックすることにより、痛みを緩和させます。
鍼灸が痛みを緩和する効果が高いのも、このメカニズムが働くからです。
また、鍼を刺入した部位の神経を刺激して血行を促進し、痛みの原因となる物質を老廃物として筋肉中から流し出してくれます。
そじて、鍼を刺すことにより皮膚や筋肉に小さな傷を作り、その傷の修復過程で様々な効果をもたらします。
 最近の研究では、免疫系や内分泌系への効果も期待 されて、さまざまな研究が進んでいます。鍼灸による 免疫力の向上、アンチエイジングなど、より幅広い効果が期待されております。

*つかさ治療院で使用している鍼はすべて使い捨ての鍼(ディスポ鍼)です。
患者様同士での鍼の使い回しなどで引き起こされる感染症などの心配は一切ございません。

 


【つかさ治療院Tkマッサージ】はこちら >>
【物理療法について】はこちら >>
【訪問マッサージ】はこちら >>


〒424-0008 静岡市清水区押切1411番地
電話 054-346-7787

営業時間 14:00~19:00
(土曜日曜は休み、祝日は営業しております。)

当院は予約優先となっております。あらかじめご予約いただくことでお待ちいただくことなくスムーズにご案内を行うことができます。

ご予約はこちら→→

アクセス
お知らせ
お客様の声 掲示板フォーラム